一生に一度の思い出つくり!

学びの旅路

留学の期間は事前にしっかり計画を

留学をしようと考えたときに、インターンシップなどで決められた仕事を一定期間する、など最初から期間が決まっている短期留学をする方は特に気をつける必要がありませんが、大学や大学院等に正規留学をし、単位を取得して卒業しようという目的がある方は事前にどれくらいの期間が必要になるのか計画をたてる必要があります。
なぜなら、各大学・大学院の専攻によって必要な単位数にはかなり違いがありますし、学部によってもどのような単位を組み合わせるかによって、授業のスケジュールが予定通り消化できるのかどうかで卒業時期はかなり変わってしまいます。
さらに外国語での履修となりますので、予定通り単位が取得できない場合も多々あります。
これらの要素を事前に検討するかしないかによって、大学なら4年間で卒業できるところが、単位が取得できないためもう1学期延期せざるを得なくなり、住居費などの滞在費の負担金額も変わってきます。
反対にスケジュールを事前に組み立てて計画的に単位を取得できた場合には、4年かからずに卒業できる場合もあります。

留学の期間の目安ってあるの?

英語の必要性が何かと話題になる昨今、留学をしようと決意をする方も多いのではないでしょうか。
そんな中、気になるポイントの一つに留学の期間が挙げられると思います。
語学学校では1週間単位での生徒の受け入れを行っていることが多く、現地の大学へ通う場合には、1か月から1年ほどの幅広い期間から選ぶことが可能です。
また、英語の上達具合ですが、1か月経ったあたりから、現地の人が言っていることを理解できるようになってき、3ヶ月目頃には日常会話には困らない程度の英語力になると言われています。
半年から1年経ったあたりで、少し専門的な会話をできるようになってくる方が多いです。
しかし、現地で日本人の友人とずっと話していたり、勉強を一切していなかったという方の成長具合は、もちろん遅くなります。
逆に日本語を一切使わなかったというような方は、上達具合は速くなります。
英語力上達のためには、留学するだけではなく、いかに英語に触れるか、勉強を継続できるかがポイントになってきます。

△ページTOP