一生に一度の思い出つくり!

学びの旅路

海外留学をする際の奨学金について

海外留学をする方のために多くの機構では、奨学金の応募などを受け付けています。
もし申請が通過したとしても、海外留学に必要な準備費を全て賄えるということはまずありません。
そのため、応募が通過する前から、必要とされる費用の全額もしくは9割以上は用意しておく方が安心です。
また、これらの奨学金は海外に行く前の方を対象としていますので、これから海外と言う方にとっては良いかもしれません。
ですが、すでに留学中で応募をしたいと言う方は、海外で募集されている奨学金に応募するのが最も簡単な方法となります。
通常は、現在海外で在学中の学校や団体を通したものとなります。
最後に応募方法の注意点についてです。
応募準備やスケジュールに関して、予め確認をしておかないと期間を過ぎてしまう可能性があります。
基本的に募集している期間が短いうえに、募集そのものが年に1回もしくは数回というものが多いので応募しようと考えている方は注意してください。

海外留学したい人のための奨学金について

海外留学の奨学金には渡航前の人を対象としたものと既に留学中の人を対象としたものがあります。
前者は日本で募集が行われるのですが、募集主体が外国政府や地方自治体、民間団体であったりするので、給付型(返還不要)が多いのが特徴です。
但し、やはり応募者が多いので狭き門である事は事実です。
審査が比較的軽いものとしては有利子貸与型(所謂、第二種奨学金)がありますが、出願条件が細かく定められています。
海外で募集される奨学金には留学先の学校関係のものと現地の民間団体などによるものとがあります。
審査基準には学業の成績や経済状況が考慮されますので、優先順位としては自国の成績優秀者ということになります。
募集期間は夫々によって差がありますが、大方の場合期限とされる時期より早く締め切るので、早めの応募が必要だといえます。
また審査に通るコツとしては、やはり語学力をつけておくことで、プラスなにか特別アピールできる技能があれば有利になります。

△ページTOP